とりまんブログ

26歳研修医が生き方を模索中

スーパー研修医,デキレジとは?何が正解なのか?

最近ブログを書く余裕もあります!

どうもとりまん(@torimer2)です♪

 

本日は結婚式で感銘を受け,同期の研修医の優秀ぶりを聞き感じたことがあります.

 

スーパー研修医・・・デキレジという単語が研修医をやっていればよく聞く言葉です.

医学生とかも「デキレジ」になりたいと思ったりしているのではないでしょうか?

 

そこでデキる研修医ということについて,考えていきます.

f:id:torimer:20181103180700j:plain

 

 

デキレジってなんなの?

まず私の結論から言います.

 

 

「デキレジ?意味わからん.」

 

はい.訳わかんないと思うので説明していきますね.

そもそもデキレジという単語が好きではないです.

 

まず,私たちは何のために研修医をしているのか考えてください.

 

 

 

何のためですか?

 

 

 

ほとんどの人は良き臨床医になるためではないのですか?

決してデキる研修医が目標ではないです.デキる医者,デキる臨床家を目指すべきです.

ゆえにデキレジという曖昧な表現が好きではありません.

 

今後それぞれ専門へと進み,それぞれが各フィールドで良き臨床家を目指す訳です.

戦うフィールドが違うのだから求められるフィールドが違う訳です.

それを一律にデキレジなどという単語で評価するのは間違っています.

 

デキレジとは?

 

一般的に言われているデキレジとは,

  • 救急対応がしっかりデキる
  • カルテ記載サマリーなどの書類仕事が早い
  • 点滴オーダーなどの漏れがない
  • 学会発表で賞をもらったり

上記に挙げたような項目を総合してデキレジと言っているように感じます.

 

 

一方,私が思うデキレジというのは,

  • 将来の目標がしっかりしている
  • そのための努力を惜しまない

この2点だと思っています.

デキる研修医が目標なんていうのは,根本から違います.

患者さんのために優秀な,心の優しい医師になることが目標であるべきです.

 

そしてそれをわかっている研修医は自然とデキレジになります.

デキレジというものを否定したい訳ではなく,

デキレジというのは結果論であって,目指すものでは決してないということです.

 

しかし巷にはデキレジになろうみたいな本があったりしますよね・・・なんか間違えていますよ,絶対.

 

まとめ

いかがでしたか?

 

よく医学生,研修医の皆は考える必要があると私は思っています.

私自身それを肝に銘じて日々勉強しています.

 

デキレジと言われている人たちは皆将来の目標がしっかりしています.

 

今からデキレジを目指している人は,一度将来の目標をしっかり考えてみてください.

さすれば,やるべきことがしっかりと見えてきます.

 

決してデキる研修医を目標にしてはいけません.

私たちは研修医になるために努力しているのではなく,「医者」になるために努力しているのですから.

「デキ医者」を目指しましょう!語呂は悪いですけど(笑

 

以上!