とりまんブログ

26歳研修医が生き方を模索中

人を動かすライティング〜面白い文章の書き方〜

 

最近仕事もパソコンと向かい合う場面が多いとりまん(@torimer2)です♪

 

つい昨日ブロガーのイケハヤさんの『武器としての書く技術』を読み終えました.

なかなか衝撃を受けた部分があります.

 

仕事をしている方にとって,話す力が大切なのは言わずもがなだと思います.

しかし同様に「書く」という力もかなり重要であると私は考えています.

 

そこで,今回は「書く」ことの重要性や,コツなどを共有していきますね!!

 

f:id:torimer:20180830194452j:plain

 

書くとは

 

皆さんの中には書くことの必要性をあまり感じていない人もいますよね.

今回私が話す「書く」というのはペンを使って書くだけではなくて,パソコン,スマホなどで打ち込んで「書く」ことも含んでいます.

むしろパソコンやスマホで書くことを想定しています.

 

現代社会では仕事はほとんどパソコンで行うでしょう.

その中でメールだったり,企画書,そして医療者ならばカルテ・・・

書く場面というのはたくさんあるんですよね.

 

しかし私が今回フォーカスを当てるのは,上記のような「業務」上の書くことではありません.

業務は基本的に型が決まっているので,それを勉強すれば誰でもできると思うので.

 

 

書くことの意義

 

  • 書くということは思考力を鍛えること.
  • ロジカルになること.
  • イデアを生み出す力を作ること.
  • 伝える力

 

書くということは,上記のスキルを養うことになると私は思います.

 

私は日々の生活で常にロジカルになることを意識しています.

しかしいざ文章を書くとなると,ロジカルな文章を書くのってかなり難しいんです.

 

 

ブログを書いてる人だと,書いている途中で結局言いたいことが何かわからなくなることがあると思います.

 

 

文章を書くことで,アイデアを生み出し,ロジカルに考え,人に伝える訓練ができるのです!

 

これって結局コミュニケーションスキルを伸ばすことにも繋がるんですよね.

 

 

イケダハヤト(イケハヤ)さんの本

 

『武器としての書く技術 30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しい㊙︎文章術』

こちらを読破しました.

 

正直読む前は「イケハヤさんってなんか胡散臭いなー」と思っていました(笑)

 

読破した後は「この人ロジカルで頭のええ人や」となりました(笑)

 

文章を書く力「ライティングスキル」を鍛えてきた人はほとんどいません.

英語でも「リーディング」は得意だけど「ライティング」できないって人いますよね?

それと同様の現象が日本語にも起きています.

日本語のライティングスキルは鍛えないと伸びません.

 

イケハヤさんの「ライティング」スキルはすごいですよ.

 

私がこの本から学んだのは,もちろんブログの書き方.

ただそれ以上に,人を納得させるロジカルな文章・・・「人を動かすライティング」を学んだのです!!

 

 

私がブログを書く理由

 

私がブログを始めた理由として,もちろん「稼ぎたい」という気持ちがあるのは当たり前です.

 

ただそれ以上の目的として自分の知識・考えを発信し,

  • それが誰かの知識になる
  • 役に立つ
  • 考えに賛同してくれる人ができる
  • 何かの道が開ける

という効果があることを期待しています.

 

私の人生は順風満帆ではないですが,そんな中でも医者になる過程だったり,勉強の仕方,考え方・・・誰かの役に立てる知識は必ずあります.

断言します.

 

なぜなら私は劣等生だからです.

ひたすら最底辺を突っ走りました.

でも最強になれると自分を信じてます.

そしてただの馬鹿ではない自負があります.

 

私が最強を目指す過程で,このブログを読んでくれている方には必ずプラスになることを誓いましょう!

 

だから私は「書く」ことをやめません.

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

要するに皆さんも「書く」ことに興味を持って欲しいです(笑)

 

書くことに少しでも興味が湧いた方は,手始めにイケハヤさんの本読むのはおすすめします.

結局ブログを書かなくても,「書く」力を勉強できるのでマイナスにはなりません.

 

何より書くことで得られる「思考力」が何より得られるものだと私は思っていますので!

 

以上!

 

How to influence people to write.

~書くことで人を動かす〜